top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

中学生から質問、来てた! 「国語の文法なのですが、主語・述語の関係と、修飾・被修飾の関係の見分け方が分からないです。教えてください。」

1. 主語・述語の関係:

文を分析する際に、まず主語と述語を見極めることが重要です。主語は文の中心的な動作を行うもの、述語は主語の動作や状態を表す部分です。

例文: "犬(主語)が走っている(述語)。"

この例文では、主語は「犬」であり、述語は「走っている」です。主語が何をしているのかを述語が表現しています。

2. 修飾・被修飾の関係:

文中には主語や述語以外にも、さまざまな情報が含まれることがあります。この情報は主語や述語を詳しく説明したり補足したりするためのもので、修飾と呼ばれます。修飾と被修飾の関係を見極めることで、文の構造や内容が明らかになります。

例文: "美味しい(被修飾)ケーキ(修飾)。"

この例文では、「ケーキ」が主語や述語ではありませんが、その「ケーキ」を詳しく説明する形容詞「美味しい」が付いています。ここで「ケーキ」が被修飾されています。

注意点:

主語・述語や修飾・被修飾の関係を見極める際には、文の意味や文脈を考慮することが重要です。文章をよく読んで、どの部分が主要な情報を提供しているのか、どの部分が詳細や補足情報を提供しているのかを理解するよう心がけましょう。

練習を積み重ねることで、徐々に主語・述語の関係や修飾・被修飾の関係を見分ける力がついてきます。文章をじっくり読んで、その構造や意味を解析する練習をしてみてください。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page