top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

on behalf of と forの使い分けはどうしてる? 高校英語 英会話 福岡塾六本松校

「on behalf of」は、「〜の代わりに」「〜のために」といった意味を持ち、他の人やグループの代理として行動することを示します。一方、「for」は、ある目的や対象のために何かを行うことを示します。

例えば、次のような文を考えてみましょう:

  1. "We raised money on behalf of the victims of the earthquake."

  2. "We raised money for the victims of the earthquake."

両文は、地震の被災者のためにお金を集めたことを伝えていますが、微妙な違いがあります。

「on behalf of」を使った文では、お金を集めた行為が被災者の代理として行われたことを強調しています。集めたお金は、被災者の代わりに彼らの利益を追求するために使用されたことを示唆しています。behalfには利益という意味がありますからね。被災者の利益です。

一方、「for」を使った文では、お金を集めた行為が被災者を支援するために行われたことを単純に表現しています。目的は被災者への支援であり、代理の要素はあまり強調されません。forは~に対しての意味があります。被災者に対して、ですね。

どちらの表現を使うかは、具体的な文脈や強調したいニュアンスによって異なります。

"We raised money on behalf of the victims of the earthquake."(わたしたちは地震の被災者の代わりにお金を集めました。)


"We raised money for the victims of the earthquake."(わたしたちは地震の被災者のためにお金を集めました。)


どちらの文でも、主語は "we"(わたしたち)であり、わたしたちがお金を集めた行為を示しています。"on behalf of" や "for" は、被災者を代表して行動する意図や目的を示す前置詞句です。

ご質問の内容と関連して、どちらの表現を使うかは、具体的な文脈や強調したいニュアンスによって異なります。ただし、どちらの表現を使っても、主語は「わたしたち」であり、被災者を支援するためにお金を集めた行為を行っていることを示しています。 「on behalf of」を使用することにはいくつかの理由があります。

  1. 代理行為の強調: 「on behalf of」は、他の人やグループを代表して行動することを強調する表現です。被災者の代わりに行動することを示し、その行為が被災者を支援するために行われていることを明確にします。

  2. フォーマルな表現: 「on behalf of」は、よりフォーマルな文体や公式な文書でよく使用される表現です。被災者への支援を伝える場合や、公的なイベントや組織の文書で使用する場合に適しています。

  3. 社会的な意味合い: 「on behalf of」は、被災者や弱者への配慮や共感を表す意味合いも持ちます。被災者の立場を尊重し、彼らの利益やニーズを代表する行為を示すことで、より配慮深い印象を与えることができます。

ただし、これらの理由に加えて、具体的な文脈やコミュニケーションの目的によっても適切な表現が異なる場合があります。会話や非公式な文書では、「for」を使って被災者への支援を表現することも一般的です。重要なのは、コミュニケーションの目的や対象者に合わせて最適な表現を選ぶことです。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page