top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

I wish I were better at speaking English. 高校英語 英文法 仮定法 この言い回し、ネイティブはどう感じる? 福岡塾六本松校自習室3限目のテーマ

「I wish I were better at speaking English.」

まずはじめにこの文では、「speaking English」が動名詞の句として使われています。これにより、「speak」の名詞形である「speaking」が使われ、その後に「English」という具体的な言語が置かれることで、改善したい言語が強調されます。


ただ、この場合 I wish より I hope を使った方がいいでしょう。※あくまでも話し手の主観次第ですが、以下のようにとらえられるからです。


〔ネイティブ感覚〕

「I wish I were better at speaking English.」は、「英語を話すことがもっと上手になりたい。」という意味ですが、少し不自然な表現です。代わりに、「I hope I can improve my English speaking skills.」と言うと、意図をより明確に表現できます。


「I hope」と「I wish」の違いについて説明します。「I hope」は、現実的な望みや希望を表現する際に使われます。つまり、自分自身が努力や学習を通じて英語を上達させることに期待や希望を抱いている状況を表します。


一方、「I wish」は、現実とは異なる望みや希望を表現する際に使われます。つまり、自分自身の能力や状況を変えることができず、願望が叶わない可能性がある状況を表します。


したがって、「I hope I can improve my English speaking skills.」は、自分自身の努力や学習によって英語の話し方を上達させることを期待している表現です。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page