top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

"I want to give it a try"、「試してみたい」を使いこなそう!高校英語 英文法 福岡塾六本松校

"I want to give it a try"は、「試してみたい」という意味です。


この表現は、自分が何か新しい経験をしたい、あるいは新しいことを試してみたいという意思や欲求を表現する際に使われます。具体的には、新しい料理、アクティビティ、場所、アイデアなどに対して使われることがあります。


文法的には、以下のような構造になっています:

Subject + want + to + verb + it + a try


ここでの主語(Subject)は話し手(I)ですが、他の人や物事を指す場合もあります。"want"は欲求や意思を表す動詞です。"to"の後には試したい行動(verb)が続きます。そして、"it"は試すものや行動を指し示し、"a try"は試す行為を表しています。

例文:

  • I want to give surfing a try this summer. (夏にサーフィンを試してみたいです。)

  • She wants to give that new restaurant a try. (彼女はその新しいレストランを試してみたいと思っています。)

  • They want to give learning a musical instrument a try. (彼らは楽器の学習を試してみたいと思っています。)

この表現は、自分の興味や好奇心に基づいて新しい経験を求める際によく使われます。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page