top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

高校1年生からの質問/ 

高校数学の教科書は、確かに一部難解な問題が含まれていることがあります。しかし、教科書の難しさに挫けずに、適切な学習方法を選ぶことで問題を克服することができます。以下にいくつかの勉強方法をご紹介します。

  1. 基礎を固める: 高校数学は基礎的な概念から構築されています。教科書の最初の章から順に学習を進め、基礎的な知識や公式をしっかりと理解しましょう。基礎が不十分な状態で難しい問題に取り組むと理解が困難になることがあります。

  2. 問題の段階を意識する: 教科書には問題が基本問題、応用問題、発展問題などの段階に分かれています。最初は基本問題から始め、理解を深めた後に応用問題や発展問題に挑戦しましょう。段階的に問題の難易度を上げることで、徐々に高度な問題にも対応できるようになります。

  3. 解説や例題に注目する: 教科書には解説や例題が掲載されています。これらを丁寧に読み、解法やアプローチ方法を理解しましょう。例題は理論を具体的な問題に適用する手助けになります。解説では問題の解法や考え方が解説されているので、疑問点や分からない部分があればしっかりと読み解くようにしましょう。

  4. 問題演習を重視する: 数学は理論だけでなく、問題演習が重要です。教科書の章末問題や応用例題に取り組み、繰り返し解くことで応用力や理解度が向上します。最初は基本問題から始め、徐々に難易度を上げていきましょう。また、解けない問題や難しい問題に出会った場合は、解法やアプローチを学ぶために教師や友人に質問することも有効です。

  5. 補助資料やオンラインリソースを利用する: 教科書だけでなく、補助的な参考書やオンラインの学習リソースも活用しましょう。補助資料は別の視点から説明されていることもあり、理解を深める助けになります。オンラインの学習リソースでは動画や解説記事などが豊富にあり、自分のペースで学習できます。

以上の方法を組み合わせて、自分に合った学習スタイルを見つけることが重要です。継続的な学習と問題演習に時間をかけ、少しずつ理解を深めていきましょう。また、先生や同級生とのコミュニケーションを活用し、分からない部分を質問することもおすすめです。

閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page