top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

高校英文法 仮定法 ニュアンスの違いについて 福岡塾六本松校自習室には警固中学校や城西中学校の生徒たちも来てくれております! 大濠高校 西南高校 筑紫女学園高校合格を目指していっしょにばがんばろう!

☆ If May was to move somewhere, I would miss her very much.


☆ If May moved someswhere. I would miss her very much.


これらの文の違いは、文法的な違いと表現のニュアンスにあります。 最初の文「If May was to move somewhere, I would miss her very much.」は、仮定法の過去形("was to")を使用しています。


これは、仮定や想像上の状況を表しており、Mayが将来どこかに移動する可能性がある場合に起こることを示しています。この文は、将来の可能性について話しているときに使われます。


一方、2つ目の文「If May moved somewhere, I would miss her very much.」は、過去形の単純な仮定を使用しています("moved")。


これは、より直接的な仮定を表しており、Mayが実際にどこかに移動した場合に起こることを示しています。この文は、現実的な状況や具体的な出来事について話しているときに使われます。

どちらの表現がより適切かは、文脈と話者の意図によります。

一般的には、現実的な状況について話す場合は、2つ目の文がより自然な表現となるでしょう。


ちなみにですが、… 


ネイティブスピーカーは、仮定法の「If should」や「If were to」を一般的に使うことはありません。これらの表現は、より形式的な文体や古風な表現に関連しています。日常会話や現代の文章では、より自然な表現として一般的には使われません。


代わりに、ネイティブスピーカーは、より簡潔な形式で仮定を表現する傾向があります。たとえば、「If May moves somewhere, I will miss her very much.」のように、単純な現在形や現在進行形を使用することが一般的です。


ただし、文体や文脈によっては、「If should」や「If were to」を使用することが適切な場合もあります。例えば、法的文書や公式な報告書、文学作品などでは、より形式的な表現が要求されることがあります。また、古い文章や詩、フォーマルな場面では、これらの表現が時折使用されることもあります。しかし、一般的な日常会話や現代の文章では、よりシンプルな表現が一般的です。


他にも高校英文法ではas if を使った表現を学びます。

  1. 「as if to」:この表現は、特定の目的や意図を示す不定詞と組み合わせて使用されます。以下に例を示します。

  • She looked at me as if to ask for help. (彼女は私を見て、助けを求めるような目で見ました。)

  • He spoke quickly, as if to catch the last train. (彼は最終列車に間に合うように、急いで話しました。)

この表現は、ある行動や意図があるかのように振る舞う様子を表現する際に使われます。

  1. 「as if」:この表現は、仮定や想像上の状況を表す接続詞節として使用されます。以下に例を示します。

  • He looked at her as if he had seen a ghost. (彼は彼女を見て、まるで幽霊を見たかのようでした。)

  • She spoke with confidence, as if she knew all the answers. (彼女は自信を持って話し、まるで全ての答えを知っているかのようでした。)

この表現は、現実には起こっていないが起こるかのような状況や、想像上の状況を表現する際に使われます。



また、「as if」は、仮定法を表現する際にも使用されます。以下に例を示します。

  • He acted as if he were the boss. (彼はまるで彼がボスであるかのように振る舞った。)

  • She spoke to him as if he were a child. (彼女は彼が子供であるかのように彼に話しかけた。)

このような文では、「as if」の後に仮定法の過去形("were")が使用されることが一般的です。これは、実際の状況とは異なる仮定や想像上の状況を表現するための表現です。

ただし、近年の英語では、仮定法の過去形ではなく単純な過去形を使うことも一般的です。例えば、「He acted as if he was the boss.」や「She spoke to him as if he was a child.」という形式も使われます。このような使い方は、特に日常会話や非公式な文章でよく見られます。

したがって、「as if」を使った仮定法の表現には、過去形("were")と単純な過去形の両方が使われます。どちらの形式を使うかは、文脈や個々の話者の好みによります。


ただし、日常の話し言葉では、「as if」を使った仮定法の表現はあまり一般的ではありません。代わりに、単純な過去形や現在形がより頻繁に使われます。

例えば、以下のような表現が日常の会話で一般的です。

  • He acted like he was the boss. (彼はまるで彼がボスであるかのように振る舞った。)

  • She spoke to him like he was a child. (彼女は彼が子供であるかのように彼に話しかけた。)

これらの表現では、仮定法の過去形("were")を使う代わりに、単純な過去形("was")や現在形を使用しています。


文脈や話者の好みによっては、より正式な文体や文学的な表現を好む場合もあります。そのような場合には、「as if」を使った仮定法の表現が用いられることもあります。しかし、一般的な日常会話では、よりシンプルな表現が主流です。


補足ですが、「as if to不定詞」や「as if前置詞句」は、日常の会話や非公式な文章ではあまり一般的に使用されません。これらの表現は、より形式的な文体や文学的な表現に関連しています。

一般的な日常会話では、以下のような表現がより頻繁に使用されます。

  • She looked like she wanted to ask for help. (彼女は助けを求めたいような表情をしていた。)

  • He spoke quickly, as if he wanted to catch the last train. (彼は最終電車に間に合いたいように、急いで話した。)

これらの表現では、「as if to不定詞」の代わりに「like」や「as if」を使用しています。

ただし、文脈や話者の好みによっては、より形式的な文体や文学的な表現を好む場合に、「as if to不定詞」や「as if前置詞句」を使用することもあります。また、文学作品や詩、フォーマルな文章では、これらの表現が時折使われることがあります。

しかし、一般的な日常会話や現代の非公式な文章では、よりシンプルな表現が一般的です。ですので、「as if to不定詞」や「as if前置詞句」を使用するよりも、よりシンプルな表現を選ぶ傾向があります。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page