top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

高校生1年生からの質問。中学の頃から苦手、数学が2コマもあり数1もですが数Aが全く分からない。数1に比べて公式も長く文章めいた問題が多くて、公式を覚えようにもアルファベットがよめないし…

数Aは高校数学の中でもやや難解な内容を含んでいるため、最初は戸惑うこともあるかもしれません。しかし、努力と継続的な学習によって数Aも理解できるようになることができます。以下に数Aを理解するためのいくつかのアドバイスをご紹介します。

  1. 基礎を確認する: 数Aでは数1で学んだ基礎的な内容が重要となります。数1の知識がしっかりと定着しているか確認しましょう。必要ならば数1の復習を行って、基礎を固めることが大切です。

  2. 公式や記号の理解: 数Aでは数式やアルファベットの使用が増えます。公式や記号が分からない場合は、教科書や参考書を使って丁寧に解説されている部分を読み、イメージを持つようにしましょう。また、先生やクラスメイトに質問することも有効です。

  3. 理解度を確認する: 数学は積み重ねの科目であり、内容が連携していることが多いです。新しい内容を学ぶ前に、前の単元の理解度を確認しましょう。理解できていない部分があれば、補完するために教師や友人に質問するか、参考書やインターネットの資料を活用しましょう。

  4. 問題演習を重視する: 数学は理論だけでなく、問題演習が重要です。数Aの問題を解くことで、公式や概念の理解が深まります。まずは基本的な問題から始め、徐々に難易度を上げていくことで自信をつけられます。

  5. 継続的な学習と振り返り: 数学は継続的な学習が必要です。毎日少しずつ取り組むことで徐々に理解が進みます。また、進める範囲ごとに振り返りを行いましょう。間違えた問題や分からなかった箇所をしっかりと確認し、改めて理解するようにしましょう。

  6. 資源を活用する: 教科書や参考書だけでなく、オンラインの動画や学習サイトも活用しましょう。解説や例題を通じて理解を深めることができます。

数学は時間と努力をかけて取り組むことが重要です。短期間で完璧に理解する必要はありませんが、焦らず着実に取り組んでいけば、段階的に理解が深まります。忍耐力を持ちながら、自分のペースで取り組んでください。また、先生やクラスメイトとのコミュニケーションを大切にし、質問や相談することもおすすめです。頑張ってください!

閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page