top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

福岡塾六本松校 自習室 高校英語 英文法 5月24日水曜日の単元 仮定法 If it were not for the piano, my life would be very boring.

「If it were not for the piano, my life would be very boring.」は、条件節(if節)と結果節(main clause)からなる複文です。以下に文法的な説明を示します。

条件節(if節):

  • "if it were not for the piano":条件節は、仮定や想像上の状況を表現します。この文では、「もしピアノがなければ」という条件を示しています。

  • "if":条件節を導く接続詞です。この場合、「もし」という意味で使われています。

  • "it were not for the piano":この句は「ピアノがなければ」という意味です。"it were not"は、現在の事実に反する仮定を表し、"for the piano"は「ピアノがなければ」という条件を具体化しています。

結果節(main clause):

  • "my life would be very boring":結果節は、条件節の条件が満たされた場合に生じる結果や状況を述べます。この文では、「私の人生はとても退屈になるでしょう」という結果を示しています。

  • "my life":結果節の主語であり、自分の人生を指しています。

  • "would be":結果節の動詞であり、仮定的な未来の状況を表しています。ここでは、「なるでしょう」という意味です。

  • "very boring":結果節の形容詞句であり、結果としての退屈さを表現しています。

したがって、「if it were not for the piano, my life would be very boring.」は、「もしピアノがなければ、私の人生はとても退屈になるでしょう」という意味です。ピアノがない状況を想像し、その結果として退屈な人生を表現しています。


※ただし、上記は形式ばった表現です。ふつうは以下を使います。

「if it were not for」は、条件を表す表現として一般的に使用されますが、日常会話ではあまり一般的ではありません。代わりに、より一般的な表現としては、以下のようなものがあります:

  • "without":例えば、「Without the piano, my life would be very boring.」(ピアノがなければ、私の人生はとても退屈です。)

  • "if I didn't have":例えば、「If I didn't have the piano, my life would be very boring.」(もし私がピアノを持っていなかったら、私の人生はとても退屈です。)

  • "if it weren't for":例えば、「If it weren't for the piano, my life would be very boring.」(もしピアノがなければ、私の人生はとても退屈です。)

これらの表現はより一般的で日常会話に適したものであり、"if it were not for" よりも一般的に使用されます。ただし、文体のより形式的な文書や文章では、"if it were not for" のような表現が使用されることもあります。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page