top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

福岡塾六本松校で英語 ネイティブ英会話

今日はネイティブが幼少期からよく使うフレーズ

I'm not sure.

です。


「I'm not sure(アイム ノット スュア)」は、以下のような英語表現に使うことができます。

  1. 「I'm not sure」は、疑念や確信が持てない場合に使用されます。 例:

    • A: "Will it rain tomorrow?"(明日は雨が降りますか?) B: "I'm not sure. The weather forecast is uncertain."(分かりません。天気予報が不確かです。)


  1. 「I'm not sure」は、自分の意見や判断を保留する場合にも使われます。 例:

    • A: "Do you think we should go to the party tonight?"(今夜のパーティーに行くべきだと思いますか?) B: "I'm not sure. Let me think about it for a moment."(よくわかりません。ちょっと考えさせてください。)


  1. 「I'm not sure」は、情報や知識に自信がない場合にも利用できます。 例:

    • A: "Do you know the capital of Australia?"(オーストラリアの首都を知っていますか?) B: "I'm not sure. I think it's either Sydney or Melbourne."(分かりません。おそらくシドニーかメルボルンだと思います。)


「I'm not sure」は、自分の不確かさや疑問を正直に表現する際に便利な表現です。相手に対して自信がないことを伝えたり、追加の情報を確認したりするために活用してください。

閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page