top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

根号を含む式の計算について説明します。福岡市 田島 草香江 大濠 六本松の近くにある学習塾 個別指導塾なら福岡塾六本松校 大濠 筑女 上智福岡の生徒さまに人気です

根号を含む式の計算について説明します。

  1. 根号の基本的な計算: a. 平方根 (√x) の計算: 平方根 (√x) は、x の正の平方根を表します。平方根は、与えられた数と等しい値を掛け合わせると元の数になる性質があります。 b. 立方根 (∛x) の計算: 立方根 (∛x) は、x の正の立方根を表します。立方根も、与えられた数と等しい値を3乗すると元の数になる性質があります。

  2. 根号を含む式の計算: 根号を含む式を計算する際には、次の手順に従います。 a. 根号を分解し、指数の形式に変換します。 例えば、√a は a^(1/2)、∛b は b^(1/3) と表すことができます。 b. 分解した式を通常の指数の計算と同様に処理します。 指数の計算には、指数法則を利用します。 c. 計算結果が必要であれば、最終的な答えを根号の形に戻します。 例: 計算式: √9 + ∛8 a. √9 = 9^(1/2)、∛8 = 8^(1/3) と変換します。 b. 9^(1/2) + 8^(1/3) を計算します。 c. 9^(1/2) = 3、8^(1/3) = 2 となるので、3 + 2 = 5 となります。

根号を含む式を計算する際には、根号を指数の形に変換し、指数法則を利用して計算を進めます。最終的な答えが必要な場合は、計算結果を根号の形に戻すことができます。

Comentarios


bottom of page