top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

因数分解には、対称式と交代式という特殊なパターンがあります。これらのパターンを利用することで、因数分解を簡略化することができます。福岡塾六本松校 福岡市中央区 田島 草香江 警固すぐ近く

因数分解には、対称式と交代式という特殊なパターンがあります。これらのパターンを利用することで、因数分解を簡略化することができます。

  1. 対称式の因数分解: 対称式は、変数の項の順序を変えても式が変わらない性質を持ちます。これを利用して因数分解を行います。 a. まず、対称式を変数の2乗の形に整理します。 b. その後、2乗項の因数分解を行います。 c. 最後に、因数を組み合わせて元の対称式の因数分解を表現します。 例: x^4 - 16 の因数分解 この式は対称式であり、変数の2乗の形に整理すると、(x^2)^2 - 4^2 となります。 2乗項の因数分解を行うと、(x^2 - 4)(x^2 + 4) となります。

  2. 交代式の因数分解: 交代式は、変数の項の順序を逆にすると符号が変わる性質を持ちます。これを利用して因数分解を行います。 a. まず、交代式を変数の2乗の形に整理します。 b. その後、2乗項の因数分解を行います。 c. 最後に、因数を組み合わせて元の交代式の因数分解を表現します。 例: x^3 - 8 の因数分解 この式は交代式であり、変数の2乗の形に整理すると、x^3 - 2^3 となります。 2乗項の因数分解を行うと、(x - 2)(x^2 + 2x + 4) となります。

対称式と交代式は特殊な性質を持ち、因数分解を容易にします。これらのパターンを認識し、適切に因数分解を行ってください。式の形式に応じて適切な手法を選択し、因数分解を行うことが重要です。

Comments


bottom of page