top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

励まし系 英文 「acquaint 動詞 知らせる、知り合いにさせる」を使った英文を訳してみよう! acquaint 人 with ~ 人にものを知らせる 

Embracing the unfamiliar with an open mind allows us to learn, grow, and ultimately shape a brighter future. So, let's welcome each opportunity to acquaint ourselves with the unknown, for it is through these encounters that we truly thrive and find our path to success. 



未知のものを開かれた心で受け入れることは、私たちが学び、成長し、最終的にはより輝かしい未来を形作ることを可能にします。ですから、未知のものとの出会いを歓迎しましょう。これらの出会いを通じてこそ、私たちは本当に繁栄し、成功への道を見つけることができるのです。



英文の英単語と文法の解説を以下に示します。

"Embracing the unfamiliar with an open mind allows us to learn, grow, and ultimately shape a brighter future. So, let's welcome each opportunity to acquaint ourselves with the unknown, for it is through these encounters that we truly thrive and find our path to success."


英単語と文法の解説:

  • "Embracing": 動詞 "embrace" の現在分詞形。ここでは「受け入れる」という意味で使われています。

  • "the unfamiliar": 形容詞 "unfamiliar"(不慣れな、馴染みのない)が「the」(定冠詞)と組み合わさったもの。新しいものや未知のものを指しています。

  • "with an open mind": ここでは "with"(~を持って)に "an open mind"(開かれた心)が続いています。新しいアイデアや経験を柔軟に受け入れる態度を示しています。

  • "allows": 動詞 "allow" の三人称単数現在形。ここでは「許す」「可能にする」という意味で使われています。

  • "us": 主語 "we"(私たち)の目的格形。動詞 "allow" の目的語となっています。

  • "to learn": 不定詞 "to learn"(学ぶために)は動詞 "allows" の目的語として使われています。

  • "grow": 動詞 "grow"(成長する)。

  • "and": 接続詞。前後のアクションを繋げています。

  • "ultimately": 副詞。最終的に、結局の意味で使われています。

  • "shape": 動詞 "shape"(形作る)。

  • "a brighter future": 形容詞 "brighter"(より明るい)が「a」(不定冠詞)と組み合わさったもの。将来のより輝かしい状況を指しています。

  • "So": 接続詞。前文と後文を結びつけて、前文の結論を後文に繋げます。

  • "let's": 短縮形 "let us"(私たちに許可を与えてください)。

  • "welcome": 動詞 "welcome"(歓迎する)。

  • "each opportunity": 各々の機会。

  • "to acquaint": 動詞 "acquaint"(知り合う)の不定詞形。

  • "ourselves": 反身代名詞 "ourselves"(私たち自身)。

  • "with the unknown": 「the unknown」という表現に「with」を使って接続されており、未知のものを指しています。

  • "for": 接続詞。理由や説明を導入します。

  • "it is through": "it is" と "through"(~を通じて)の組み合わせ。理由を説明するための表現です。

  • "these encounters": これらの出会い。

  • "that": 接続詞。前文の内容を後文で説明する役割を果たしています。

  • "we truly thrive": 「truly」を使って強調された表現。本当に繁栄する。

  • "and find": "find"(見つける)。

  • "our path to success": 「the path to success」(成功への道)を指しています。


もう一つ例文です。

I would like to acquaint you with the new software updates that will greatly enhance our productivity.


私は、私たちの生産性を大幅に向上させる新しいソフトウェアのアップデートについて、あなたにお知らせしたいと思います。


【文法解説】

  1. I: これは1人称単数の主語です。話している人を指します。

  2. would like to acquaint: これは「would like to」の形で、丁寧なリクエストや希望を表現します。"acquaint" は動詞で、「知らせる」や「紹介する」といった意味です。

  3. you: これは2人称単数の目的語です。文中で行動の対象となる人を指します。

  4. with: これは前置詞で、「~と一緒に」といった意味を持ちます。

  5. the new software updates: ここでは、具体的なものを指す名詞句です。"the" は定冠詞で、「新しいソフトウェアのアップデート」という特定のものを示しています。

  6. that: ここでは関係代名詞として使われています。後ろに続く情報を詳しく説明する役割を果たします。

  7. will greatly enhance: これは未来の出来事を示す形です。"will" は未来を表し、「大幅に向上させる」という意味の動詞句です。

  8. our productivity: ここでは「私たちの生産性」という意味です。"our" は所有形容詞で、「私たちの」を示しています。

この例文では、話者が相手に新しいソフトウェアのアップデートについて知らせたいという希望が表現されています。また、動詞や名詞句などが組み合わさって文が形成されていることが分かります。

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page