top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

前置詞atの使い方 【Though he is old, he is young at heart.】 なぜこの場合、前置詞atなのですしょうか。築市場学園中学・高校受験なら福岡塾六本松校

「Though he is old, he is young at heart.」という文は、彼は年をとっているが心は若いという意味です。この文での「young at heart」は、年齢よりも若々しい気持ちや態度を指しています。

この表現において、「at」は心の状態や属性を示す前置詞として使われています。


日本語で「心が〜である」と表現する場合にも、日本語の「で」のように、状態や属性を示す前置詞が使用されます。

例えば、他の例文を見てみましょう:

  • She is good at singing.(彼女は歌うことが上手です。)

  • He is skilled at playing the piano.(彼はピアノを演奏するのが上手です。)

  • They are experts at problem-solving.(彼らは問題解決においてエキスパートです。)

このように、「at」は特定のスキルや属性を持つ状態を示す前置詞として使われます。そのため、「young at heart」では、心が若々しい状態を表現するために「at」が使用されています。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page