top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

仮定法 If S should ~とIf S were to ~ のニュアンスの違い 福岡塾六本松校 福岡市 城南区 田島小学校地区のお友達にも通塾してもらっています! 

これらの文の違いは、意味はほぼ同じですが、文体やニュアンスにわずかな違いがあります。

最初の文「if they should fail to launch the rocket, it would be a big blow.」は、より形式的な表現です。"should"の使用は、この事態が実際に起こる可能性があることを強調しています。この文は、より正式な文章や報告書、ニュース記事などで使われることがあります。

一方、2つ目の文「if they were to fail to launch the rocket, it would be a big blow.」は、もう少し一般的な表現です。"were to"の使用は、仮定や想像上の状況を示しています。この文は、会話や日常の文章でよく使われることがあります。

どちらの表現がネイティブスピーカーによりよく使われるかは、文脈や個人の好みによります。しかし、日常的な会話や非公式な文章では、2つ目の表現がより一般的かもしれません。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page