top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

九州大学法学部 合格単語 eventually ついに 英語は英会話につながるよう学習しましょう! これから先は実践的な学びがあなたを救います

A: Have you heard about Emily?

B: No, what's the news?


A: Her dream of getting into Kyushu University's Faculty of Law eventually came true! B: That's amazing! She must be overjoyed.


この会話は、友達や知り合いが九州大学法学部に合格したという素晴らしいニュースを共有する場面で使えます。


Her dream of getting into Kyushu University's Faculty of Law eventually came true!

以下は、上の文の各単語の意味と英文法の説明です:

  1. Her (代名詞): 彼女の。この場合、特定の女性の所有を示しています。

  2. dream (名詞): 夢。個人的な目標や望みを指します。

  3. of (前置詞): ~の。ある物事の所有や関連性を示す前置詞です。

  4. getting (動詞の現在分詞): 取得する、入手する。ここでは "get"(取得する)の現在分詞形です。

  5. into (前置詞): ~に入る、~に参加する。ここでは九州大学法学部に入学することを表しています。

  6. Kyushu University's (名詞の所有格): 九州大学の。学校の名前で、所有を示す 's を使用しています。

  7. Faculty (名詞): 学部。大学内で特定の学問分野に関連する教育プログラムを提供する部署を指します。

  8. Law (名詞): 法学。法律に関する学問分野を指します。

  9. eventually (副詞): 最終的に、結局は。時間が経過してから、あることが実現する様子を示します。

  10. came (動詞の過去形): 来た、到達した。動詞 "come"(来る)の過去形です。

  11. true (形容詞): 真実の、実現した。ここでは、夢や望みが実現したことを示しています。

この文は、特定の女性("Her")が九州大学法学部に入学するという彼女の夢が最終的に実現したことを伝えています。英文法的には、所有を示す 's の使用、前置詞の適切な使用、過去形の動詞の使用などが含まれています。


閲覧数:14回0件のコメント

Comentários


bottom of page