top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

中学生から質問、来てた! 中学生の国語の模試で偏差値70をとる人はどのような勉強をしていますか?

偏差値70を目指すためには、効果的な学習方法と戦略を組み合わせて取り組む必要があります。以下に、中学生が国語の模試で偏差値70を取るためのアプローチをいくつか紹介します。

1. 基礎の徹底: 偏差値70を目指すためには、基本的な文法や語彙、漢字の知識をしっかりと身につけることが大切です。教科書や参考書を用いて基礎から着実に学習し、不安な部分を補強しましょう。

2. 問題演習の多角的なアプローチ: 過去の過去問や模試を解くことで、試験の出題傾向や問題の難易度を把握しましょう。ただし、単に問題を解くだけでなく、解答の根拠や理由を考えることも大切です。

3. 解説の徹底的な理解: 解答が合っていても、その背後にある理由や論理を理解することが重要です。問題集や模試の解説を丁寧に読み、なぜそのような答えに至るのかを理解しましょう。

4. 文章の読解力の向上: 国語の試験では、文章の読解力が重要です。文章の主旨やポイントを把握し、選択肢と照らし合わせて正しい答えを導き出せる能力を養うために、日常的に読書や文章の要約・分析を行いましょう。

5. 語彙力の増強: 文学作品やニュース記事などさまざまなジャンルの文章を読むことで、語彙力が増強されます。語彙力を高めることで、文章を正確に理解し、選択肢を選ぶ際に幅広い知識を活用できます。

6. 論理的な思考力の養成: 論理的な思考力を養うことで、文章の論旨や論点を正しく理解し、選択肢を絞り込むことができます。議論や論理的な問題解決を積極的に取り組むことで、論理力を高めましょう。

7. 計画的な学習と時間管理: 偏差値70を目指すためには、計画的な学習スケジュールを立て、適切な時間管理を行うことが大切です。各教科のバランスを取りながら、効率的な学習を心がけましょう。

8. 自己評価と改善: 模試や過去問を解いた後に、自己評価を行い間違えた箇所を洗い出します。同じ間違いを繰り返さないように、誤った部分の理解を深めて改善しましょう。

以上のポイントを組み合わせて、偏差値70を目指す努力を続けることで、確実に成績向上が期待できます。焦らず、着実な努力を重ねてください。

Comments


bottom of page