top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

中学生から相談・悩み  英語で答えてみた! 勉強嫌いなあなた! 少しずつで大丈夫です。一歩ずつ進んでいきましょう。

「中学生です 勉強もできないし毎日遊んでばっかでなんか暇です 親からもなんかしたら? って言われます 俺もそれは毎日毎日寝るときも授業中も思います なんかありませんか?」  


"I'm a middle school student. I can't study, and I spend every day just playing, so I feel kind of bored. My parents also keep telling me to do something. I even think about it every day, even when I'm going to sleep or during classes. Is there anything you could suggest?"


英文の単語の意味と文法を説明します。

  1. middle school student: 中学生。中学校に通う生徒のことを指します。

  2. can't: "cannot" の短縮形。何かができない、つまり能力がないことを示します。

  3. study: 勉強する。新しい知識やスキルを習得するために取り組む行動です。

  4. spend: (時間やお金など)を使う。ここでは、毎日を遊ぶことに費やしているという意味です。

  5. every day: 毎日。日常的に行われる出来事を指します。

  6. just: ここでは、「only」や「simply」という意味で、主に遊ぶことに時間を費やしていることを示します。

  7. playing: 遊ぶ。楽しみや娯楽のために行われる活動を指します。

  8. feel: 感じる。感情や気持ちを表現する動詞です。

  9. kind of: いくらか、少し。ここでは、暇だという感情をやや控えめに表現しています。

  10. bored: 退屈している。何か面白みのないことがあるために興味を持っていない状態を表します。

  11. parents: 親。自分の両親を指します。

  12. keep telling: 〜し続ける。何度も同じことを言い続けることを表現しています。

  13. do something: 何か行動する。特定の行動を取ることを示します。

  14. even: ここでは、「さえも」という意味で使われています。意外なことを強調するために用いられます。

  15. think about: 考える。あることについて思考する行動を指します。

  16. going to sleep: 眠りにつく。寝る準備をしている状態を表現しています。

  17. during: 〜の間に。ある期間や時間帯中に何かが起こる際に使われます。

  18. classes: 授業。学校で行われる教育的なセッションを指します。

  19. Is there anything you could suggest?: 何か提案できることはありますか?ここでは、相手にアドバイスや助言を求めています。

文法的には、この英文は日常会話の一部で、現在の状態や感情を述べています。主語(I)、述語(can't study、spend、feel、keep telling、think about)、補語(bored)など、基本的な文法要素が含まれています。



ご相談への回答

中学生の時期は成長や変化が多い時期であり、悩みも普通のことです。勉強や遊び、自分自身への関心をバランス良く持ちながら充実感を感じることが大切です。以下にいくつかのアドバイスを提供します。

  1. 目標を設定する: 何か自分が達成したいことや興味を持っていることを見つけて、それを目指す目標を設定することはやる気を引き出す助けになるかもしれません。勉強、趣味、スポーツなど、自分が成し遂げたいことを見つけてみてください。

  2. 時間の使い方を工夫する: 遊ぶことも大切ですが、遊びと勉強の時間をバランスよく調整することが重要です。学校の課題や勉強時間をきちんと確保し、残りの時間を遊びや興味のあることに充てるようにしましょう。

  3. 新しい趣味や興味を見つける: 何か新しいことに挑戦することで、日常がより楽しくなるかもしれません。音楽、アート、スポーツ、プログラミングなど、興味を持っている分野を探してみてください。

  4. 計画を立てる: 1日の予定を立てることで、効果的に時間を使うことができます。勉強時間、遊び時間、自分の成長につながる活動の時間を含めて、バランスの取れた計画を作成してみましょう。

  5. 親とのコミュニケーション: 親からのアドバイスや期待に耳を傾けることも大切です。自分の悩みや考えをしっかりと伝え、親とコミュニケーションを取ることで、共に解決策を考えることができるかもしれません。

  6. 自分を受け入れる: 成績や能力に関わらず、自分を受け入れることは重要です。自分にはそれぞれの良い面があり、成長の過程で変わっていくことも自然なことです。

  7. ストレス発散: 健康的な方法でストレスを発散することも大切です。運動や趣味、友達と過ごすことなど、リラックスできる方法を見つけてストレスを軽減しましょう。

もし悩みが深刻で、自分一人では解決できない場合は、学校のカウンセラーや信頼できる大人に相談することも検討してみてください。

閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page