top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

ムリなく英文法を教えることができる時期 小学2年生からの時期を大切にしましょう ゲーム感覚で英文法も身につけて頂けます 福岡塾六本松校

以下の曲は、英会話教室でもおなじみの曲です。

これらの曲を正しい発音で歌うことができるお子さまはたくさんいます。でも、正しい英文法がわかっていなければ、英作文が上手にできません。それでは、高校受験でつまずいてしまいます。


福岡塾の英会話教室では子どもたちに楽しく、英語の品詞を知ってもらい、文の並びをゲーム感覚で身につけて頂きます。中学の教科書を日頃からずっと教え続けてきた塾講師も外国人講師と共に英会話教室を見守ります。


日本の小学生が英会話を学ぶ際に、古典的なアメリカの英語の歌を利用することは効果的です。以下はいくつかの古典的なアメリカの英語の歌の題名です:

  1. "Twinkle, Twinkle, Little Star"(きらきら星)

  2. "Old MacDonald Had a Farm"(おっさんマクドナルドの牧場)

  3. "The Wheels on the Bus"(バスの車輪)

  4. "If You're Happy and You Know It"(うれしいときは手をたたこう)

  5. "Row, Row, Row Your Boat"(ボートをこぐ)

  6. "The Alphabet Song"(アルファベットの歌)

  7. "Head, Shoulders, Knees and Toes"(あたま、かた、ひざ、あし)

  8. "Five Little Ducks"(おかわりアヒル)

  9. "Bingo"(ビンゴ)

  10. "London Bridge is Falling Down"(ロンドン橋が落ちる)

これらの歌は、英語の基本的な表現や文法、語彙を楽しみながら学ぶのに適しています。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page