top of page
検索
  • 執筆者の写真福岡塾六本松校

【単純現在形】 さあ、そろそろお店を出よっかなあ、の英語表現。"Well, I think it's about time we leave the store, don't you think?" 

「we leave」の前に「will」を使わないのは、次の理由があります。

  1. 自然な表現: 一般的に、予定や意思決定が直近の未来に行われる場合、英語では単純現在形を使用することが自然です。未来の行動や計画を表現するためには、特に「will」を使う必要はありません。その場の状況や会話の文脈から、「さあ、そろそろお店を出ろうかなあ」という文は、単純現在形で表現するのが一般的です。

  2. 予定や計画: 「will」を使わないことによって、外に出ることが予定や計画された行動ではなく、より自発的な判断や提案になることを示すことができます。つまり、「さあ、そろそろお店を出ろうかなあ」という表現は、その場の雰囲気や意思決定に基づいて外に出ることを提案するというニュアンスを持つのです。

ただし、特定の文脈や状況によっては、「will」を使用することも可能です。例えば、予定された行動や確定した計画を表現する際には、「We will leave the store soon」などの表現が使用されることがあります。

総括すると、一般的な文脈では「さあ、そろそろお店を出ろうかなあ」という表現に「will」は必要ありません。単純現在形を使用することで、より自然な表現となります。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page